【体験談】離乳食作りが大変だったけど、フードプロセッサーで一気に楽になった!

離乳食って、手間ひまかかりますよね。

でも、作ったからと言って全部食べてくれるとは限りません。

ですから、離乳食作りは、ラクして早く!が一番です。

そんな、ラクして早い離乳食作りをフードプロセッサーで実現したお母さんの体験談です。

★寝る間も削って離乳食作り!

子どもは7ヶ月の男の子で、現在ちょうど使用しているところです。

離乳食の時期になったので、離乳食作りを始めました。

離乳食作りでは、食べやすいようにすりおろす作業や、長時間煮込んだり、細かく切ったりなど、食べやすく加工するために非常に苦労します。

しかも、動き回る子供の相手をしながらの作業は中断の連続です。

休む時間まで費すことになってしまいます。

本当に大変だったのです。

★気分まで落ち込んでしまった!

夜は、授乳でよく起きてしまいます。

ですから、ただでさえ睡眠時間が短くなるのです。

それで、お昼寝の時間を削ってまで離乳食の準備をすることもありました。

離乳食を作ってだけいればいいものではありません。

その他の家事もあります。

だんだん寝不足や疲れが溜まってきたせいか、気分も落ち込み勝ちになっていたのです、

休む間もなく動いているといった状態になっていました。

★フードプロセッサーを買ってよかったこと
そこで、少しでも状況を改善できればと思い、フードプロセッサーを購入しました。

買ってよかったことは次の つです。

1 離乳食を作る時間の短縮

今まで30分以上かけていた作業が、数十秒であっという間に終わるようになりました。

また、硬いものでも事前に細かくペースト状にできるため、調理時間の短縮になりました。、

2 子供と一緒に遊ぶ時間が増えた

作業時間が短くなったので、休める時間も十分に確保できるようになりました。

3 家事全体の時間短縮

また、私達親の食事の際にも、すりおろしやみじん切りなどはフードプロセッサーですぐに終わってしまいます。

つまり、家事全体の時間短縮に役立ツノです。

4 家事の負担が減り、気分が明るくなった

気分が軽くなると、夫婦での会話の時間も自然と増えます。

そうなると、良い子育てができていると感じます。

★他の道具との違い

フードプロセッサーなら、.必ず効率が良くなり、家事が楽になると勧めたいです。

子供の離乳食を簡単に作るためのグッズもたくさん市販で売られています。

しかし、多くの場合は手ですりつぶす、すりおろす作業を簡単にしたり、補助するための器具に過ぎません。

フードプロセッサーには、以下の特徴があります。

1 電動である
手間もかからずさっとできます。

2 普通の調理器具である
一般的な調理器具なので、子供が大きくなったら使わないなんてことはありません。

例えば、ハンバーグを作る際の玉ねぎのみじん切りなど、手間のかかる作業もあっという間に終わります。

魚の切り身をペースト状にしてつみれなどにしてもいいです。

このように、普段の調理でも活躍し、家事が楽になること間違いなしです

3 価格もいろいろ

値段も安いものなら数千円で買えます。

今はジュースが作れたり、お菓子作りなどに使用できるものもあります。

たった数千円で悩みが一気に解決するものです

騙されたと思ってぜひ買ってほしいです。

★まとめ

離乳食作りは他の調理と違い、負担に感じることが多いです。

フードプロセッサーなら、離乳食作りだけではなく、調理全般を楽にしてくれます。

長く使える調理器具のフードプロセッサーを、離乳食作りをきっかけにお使いになることをオススメします。