【体験談】サラダの味がなかなか決まらなかったけど、電動ミルでコショウを挽いてお店の味に変身!

サラダは手軽に作れますが、味がイマイチという時がありませんか?
そんな時、電動ミルを使って味を決めた主婦の体験談です!

サラダ作りがおっくうな私

旦那さんはサラダが大好き。
私は昔から冷たい野菜が苦手で、特にトマトは、生では食べないけれどトマトソースは大好きといった具合。

結婚して間もないころ「野菜が欲しい」と言われて、煮物やお浸しだけでなく、お味噌汁も具沢山にして出していました。

「もっと野菜が欲しいんだよね」と言われて、心の中で「十分出してるでしょ!」と半分キレていました。

ある時やっと、「レタスとか、キャベツとかが食べたいんだよね~」と具体的に言ってくれて、「なーんだ、サラダが食べたかったのね」と理解できたのです。

とはいっても、自分が余り食べたくないサラダ作りは、苦手意識が強く、どうも美味しくない・・・

カフェにあるような「サラダランチ」を目指しているのですが、私が作ると、ただただ生野菜を食べている感じ・・・ウサギが人参をポリポリしているような感覚になってしまうのです。

市販のドレッシングにしても、味が濃いのが苦手だし、毎度同じ味だと飽きる。
かといって何種類もそろえると、使いかけのドレッシングが冷蔵庫を占領するのが嫌で、どうにもサラダ作りが苦痛になっていました。

電動ミルって便利かも

そんな時、テレビを見ていたら、料理上手のグッチ祐三さんが「これとっても便利。本当におすすめ!」と言っていたのが、胡椒の電動ミルでした。

グッチさん曰く、
「片手でも使える」
「調理中でも使える」
「普通の胡椒を使うより断然味がよくなる。お肉の下味や、サラダなんかも全然違う!」

と、随分熱く語っていました。

え、サラダ? 胡椒でサラダの味が変わる?
初めは、電動の便利さに目がいっていましたが、思いもよらない「サラダ」という言葉に驚きつつ、興味を惹かれたので色々調べてみました。

すると、電動ミルは結構人気のようなんですね。
確かに、レストランでテーブルにセットされている手動のミルを使った胡椒は、香りも良くて「挽きたては違うな」と分かります。
それを電動で簡単に出来るとなれば、サラダのおいしさもUPするかもしれません!

ボタン一つでお店の味に!

そこで私が選んだのは、
【レアックジャパン 電動マルチミル】

使ったことがないので、まだ使用頻度も分からないですし、なるべく軽量で小さ目のものが使いやすいだろうと思ったので、コンパクトなものにしました。

早速、胡椒のホールをセットしてボタンを押すと、力も入れずに、一瞬にして粗挽き胡椒が出てきました。
これは便利!

サラダのドレッシングにも入れると、やはり香りが違う!

そしてお皿に持ってから、最後に一振りしてみると、更に香りが引き立ち、味もぐんと良くなったように感じたのです。

ようやく、“ただの生野菜”から“サラダ”と呼べるものになりました。

胡椒一つで、こんなに料理の味と香りが変わるなんて・・・
その昔、胡椒を求めて「香辛料貿易」が始まったと世界史の授業で勉強しましたが、今やっと、その求める気持ちが分かりました!

それに、これまでは、胡椒は下味に使うのが主でしたが、電動ミルを買ってからというもの、スープの最後に一振り、パスタの最後に一振り、と仕上げに使うようになり、料理の幅も広がりまました。

今では、電動ミルとホール胡椒は欠かせないものとなりました。
次は、岩塩を電動ミルで挽こうか迷っているところです。

まとめ

1 味が決まらないサラダに、挽き立てのコショウを使うと味が激変します!
2 挽き立てのコショウを作るのに大活躍するのが、電動ミルです。
3 コショウを電動ミルで挽いて使うだけで、味が全く変わります!