【体験談】赤ちゃんとの食事が楽しくなくて、ストレスを抱えていた私を救ったのはバンボ!

赤ちゃんと食事をする時、ストレスを少なくするには、どうしたらいいでしょう?

バンボを買って、楽しく食事ができるようになった方の体験談です。

子ども向けの物は、出来るだけうちにあるものでー

子どもが生まれる時、一体何を買ったらよいのかすごく迷いました。

育児雑誌を読むと、中には可愛いオモチャや便利グッズが溢れてます。

「欲しい」という気持ちが沸いてきます。

ただ、我が家の部屋と収納スペースには限りがあります。

子育てグッズは一過性のものが多いです

ですから、なるべく家にあるもので代用していこうというのが、基本方針でした。

バンボとの出会い

そんなある時、旅行先でとっても便利な物と出会いました。

その便利さに感動して即買いしてしまったものがありました。

それは、“バンボ”です!

その時、温泉旅館に泊まったのです。

その旅館には、事前に1歳の娘がいると伝えてありました。

すると、部屋に“バンボ”が用意されていたのです。

ママ友の間でも持っている人は沢山います。

評判も、とてもいいです。

けれども、これまで使ったことがなかったのです。

使って実感!食事のストレスがー

しかし、食事の時に使って、「こんなに便利なんだ」と感動してしまいました!

旅館の部屋は畳で、座卓でご飯を食べるスタイルでした。

私の横にバンボを置き、座らせてみました。

すると、お尻と太モモがスポッとはまり、娘も座り心地がよさそう

下に座布団を敷いたので、目線が大人と同じように座卓を見まわせるくらいまでになります。

何となく「一緒にご飯食べてる」感を感じたようで、とってもニコニコ嬉しそう。

そして何より、多少手足を動かしても安定していること。

そのお陰で、口にご飯を運んでもほとんどこぼすことなく食事ができました!

「食事がスムーズにできた」ということが、とにかく感動的でしたl

同時に、いつもの家での食事が知らないうちにストレスになっていたことも分かってしまったんです。

当時家では、ハイチェアを使って、ダイニングテーブルで食事をしていました。

1歳なので、まだ一人で上ることは出来ません。

ですから、抱っこしてイスに座らせます。これが重たい・・・。

1人で座れるとはいえ、ハイチェアの座面は広く、食事中にもぞもぞ動くこともある。

食事すると、こぼして汚すことがなくなった

食事中に立ち上がったり動いたりするのを、「行儀が悪いよ」と注意するので、必ず一回は怒る。

だから食事の時間が楽しくなくなっちゃう・・・。

バンボを使ってわかったのは、知らず知らずのうちにこんなストレスを溜めていたんだということ!

食事は楽しく!

当時の私は、「食事は楽しく」をモットーにしたいと思っていたのです。

けれども、ちっとも楽しくなかったんですよね。

これじゃ娘も楽しくないだろう、と思い、その日のうちに携帯からポチっと購入してしまいました。

物は増やしたくないと思っています。

しかし、ストレスを減らし母娘が少しでも楽しく過ごせるものならば良いかな、と思ったのでした。

Bumbo バンボ ベビーソファ 【正規総輸入元】 後から付けられる専用腰ベルト・バッグ入り イエロー